むち打ち.com

むち打ち.com HOMEむち打ちの基礎知識むち打ちと生活との関連むち打ちと法との関係むち打ちへの対策

むち打ちへの対策

MRIによる検査について

むち打ちで病院に行くと、まずレントゲンを撮られるのが一般的です。ただ、レントゲンの結果、異常なしと診断され、単なる頚椎捻挫とされることが多いのですが、これは不適切な診察と言えます。レントゲンは主に骨変、つまり骨折などがないかを確認するものであり、レントゲンの結果を見て、むち打ちの病態を判断するのは、無意味とすら言われます。

レントゲンは、主に骨を見るもので、軟部組織は見ることが出来ません。むち打ちの場合に原因となるのは主に椎間板で、これは軟骨なので、レントゲンではなくMRIで確認する必要があります。ただ、通常、神経根の圧迫をMRIで確実に捉えることは、かなり難しく、医師側の認識としても概ね「神経根の圧迫はMRIでは判別できない」というのが一般的なようです。このため、まず、患者自身、自覚症状をもとに、どの辺りの神経根に異常があると想像されるのかを特定し、想像される部位を特定の上でMRI撮影を行うことも大事です。

むち打ちであるか判断するのに、MRIで検査する方法もありますが、むち打ちはいくつか種類があり、原因によってはMRIでも特定できない場合があります。頚部MRIは、中枢神経の脊髄や末梢神経の神経根に損傷や圧迫がないか、これらを確認するのが目的です。頭部に異常が認められないのであれば、めまいや吐き気などの症状がある場合、頚部交感神経異常を原因とするバレリュー症候群の可能性があります。

バレリュー症候群であれば、脊髄や神経根の損傷を原因としたものではなく、頚部の両側を走行している椎骨動脈の血流をコントロールしている交感神経節の異常が原因とされます。従って、MRIで確認することは出来ません。この場合の治療先は、ペインクリニックもしくは麻酔科となります。治療は星状神経節ブロックで、交感神経の暴走を押さえます。むち打ちの疑いがあるからといって、MRI撮影を急ぐ必要はなく、先ず、ペインクリニックもしくは麻酔科で神経ブロック療法を受け、改善が得られるかを確認するのも一つの対処法です。



→交通事故のむち打ち慰謝料最高額化完全版!レントゲンMRIにも写らないのにむち打ちで数千万円をもらえた僕の実話を書いてみました・・・

むち打ちの基礎知識

むち打ちと生活との関連

むち打ちと法との関係

むち打ちへの対策

このサイトについて

▲ページの上へ戻る