むち打ち.com

むち打ち.com HOMEむち打ちの基礎知識むち打ちと生活との関連むち打ちと法との関係むち打ちへの対策

むち打ちへの対策

家庭での治療

むち打ちなど、急性的な肩こりや痛みがある場合、1〜2日程、患部を冷やし、寝るときは枕を低めにします。痛みが落ち着いてきたら、温めます。最初に炎症を起こした患部を冷やし、熱感を取り除いてから、温めて治すようにします。温めるのは、筋肉の緊張をとく意味があります。むやみに動かしたり、マッサージするのは良くありません。

ただ、むち打ちは、やはり専門医にきちんと診断してもらった上で、適切な治療を行うことが大切で、安易に家庭だけで治すことは考えないほうが良いみたいです。家庭での対処も、専門医の指示を仰ぐようにしましょう。まず急性期の一定期間は安静が必要となります。捻挫方のむち打ちで、炎症が強い時期に局所患部への過度な刺激を与えると、症状を悪化させることもあります。

病態により差はありますが、捻挫型の場合、受傷後3週間〜経過すると当初の痛みは落ち着いてくる傾向があります。この時期になると、残存した痛みの緩和や除去、痛みで運動が制限され柔軟性が低下した周囲筋の緊張を取り除くための対処を行います。この時期には、治療と平行して、頚・肩を中心に、ウォーキングやストレッチ、体操など、適度な運動も取り入れます。頸部周囲の筋緊張を緩和することは、疼痛を軽減させるとともに自律神経障害を予防する効果もあります。この場合も医師に指示に従って行うようにします。

むち打ちの場合、家庭では、・正しい姿勢を心がける。・患部を冷やさないようにする。・筋肉をバランスよく使う運動を心がける。・疲労やストレスをためない。こうしたことを心がけるようにして、少しでもおかしい、と思ったら、すぐに医師に診てもらうようにしましょう。治療・運動ともに自己判断は禁物です。



→交通事故のむち打ち慰謝料最高額化完全版!レントゲンMRIにも写らないのにむち打ちで数千万円をもらえた僕の実話を書いてみました・・・

むち打ちの基礎知識

むち打ちと生活との関連

むち打ちと法との関係

むち打ちへの対策

このサイトについて

▲ページの上へ戻る