むち打ち.com

むち打ち.com HOMEむち打ちの基礎知識むち打ちと生活との関連むち打ちと法との関係むち打ちへの対策

むち打ちへの対策

むち打ちへの応急処置

首を強打したり、強いむち打ち状態の時などに起きる症状として、手足が動かせない、手の握る力が弱い、手がしびれる、しびれてはいないが首が痛くて動かせない、触った感じが鈍い、などの状態であれば、すぐに救急車を呼ぶことです。運動中であればすぐ中止させ、仰向けに寝かせます。この際、頭、首を無理に動かさないようにします。倒れているのなら、そのままの状態にしておきます。

むち打ちに限らず、急な怪我や事故などの時、応急処置の方法として一般的なものに、RICE(ライス)処置と呼ばれているものがあります。「R」はRest=安静。「I」はIce=冷却。「C」はCompression=圧迫。「E」はElevation=挙上。これらの頭文字で、RICE(ライス)処置と言うわけです。急性的な怪我の直後、この処置をする事で患部をそれ以上悪化することを防ぎます。

まずRest(安静)は、怪我をした患部を動かさずに安静にすることです。この処置を最初に行います。Ice(冷却)は患部の冷却です。患部を冷却することで痛みの緩和や腫れ、炎症を最小限に抑えることができます。氷のうや保冷材などを、患部に直接触れないようにタオルや布で患部を覆ってから使用します。

Compression(圧迫)は、適度な圧迫を冷却と同時、もしくは冷却の後に患部に与えることで、腫れや炎症を抑制します。Elevation(挙上)は、患部を高い位置に保つことで、炎症や腫れ、痛みを最小限に抑えることが出来ます。交通事故の場面に遭遇した場合、冷静な判断や的確な応急処置方法などは分からなくなってしまうものです。落ち着いて対処し、速やかに救急車を呼ぶことです。また、事故車が道路の通行や安全を犯すことがないよう、車や破損物、落下物などを道路の路肩に寄せて、他の車が安全に通行できるようにして、安全を確保することも大切です。



→交通事故のむち打ち慰謝料最高額化完全版!レントゲンMRIにも写らないのにむち打ちで数千万円をもらえた僕の実話を書いてみました・・・

むち打ちの基礎知識

むち打ちと生活との関連

むち打ちと法との関係

むち打ちへの対策

このサイトについて

▲ページの上へ戻る