むち打ち.com

むち打ち.com HOMEむち打ちの基礎知識むち打ちと生活との関連むち打ちと法との関係むち打ちへの対策

むち打ちと法との関係

保険、労災の適応について

交通事故でむち打ちとなった場合、保険金の支払いを受けようと思っても、保険会社が治療費などの保険金を支払わない場合は結構あるものです。よくあるケースとしては、・加害者が、自分の保険会社に事故の連絡をしていない場合。・警察へ届出をしていない、または警察で人身事故ではなく、物損事故として処理した。・被害者が、加害者の保険会社に相談せずに、別の病院、接骨院に通い始めた。・領収書などの必要な書類がない場合。

交通事故の処理は、保険会社の担当者の知識不足、医者の法律知識の不足などから、適正な保険金が払われなかったり、後遺症認定が不適正に行われる場合もあります。交通事故の被害に遭った場合、交通事故の専門家に一度相談したほうが良いでしょう。労災保険(労働者災害補償保険といいます)は、業務上の災害と通勤上の災害による労働者のけが、疾病、死亡時の際の補償、つまり、保険給付を行うことによって、労働者本人及び遺族の生活の安定を図ることを目的とするものです。

交通事故が、労働者の業務上、あるいは通勤上に発生したのであれば、労災保険の適用となります。交通事故でむち打ちとなり、同時に労災と認定された場合、被害者は加害者の保険会社に損害賠償請求できるとともに、勤務先が加入する労災保険にも請求することが可能であり、どちらに請求するかは被害者の自由です。しかし、両者から同じように支払いを受けると、重複して損害のてん補を受けることになり、支払いの調整が行われますので注意が要ります。

先に労災保険から被害者に給付が行われた場合、被害者の加害者に対する損害賠償請求可能額のうち、労災保険給付と同一の事由による損害合計額と労災保険給付額とを比較して、いずれか低い額を償還しなければいけません。先に自賠責保険や対人賠償保険などから被害者に賠償が行われた場合、労災保険給付の額を上回るときは、労災保険の給付は一切行われません。



→交通事故のむち打ち慰謝料最高額化完全版!レントゲンMRIにも写らないのにむち打ちで数千万円をもらえた僕の実話を書いてみました・・・

むち打ちの基礎知識

むち打ちと生活との関連

むち打ちと法との関係

むち打ちへの対策

このサイトについて

▲ページの上へ戻る