むち打ち.com

むち打ち.com HOMEむち打ちの基礎知識むち打ちと生活との関連むち打ちと法との関係むち打ちへの対策

むち打ちと法との関係

交通事故によるむち打ち

交通事故に合った場合、事故直後は興奮しているため、症状が出ないこともありますが、必ず当日のうちに医師に診てもらうことです。例えその日は何の症状が出なくても、後から何らかの症状が現れるケースは多いものです。軽微な事故に見えても、後で体に異常が出た、ということもよくあります。事故当日は痛みがなくても、数日経ってから痛みが現れることは、むち打ちではよくあることです。

しかし、医療機関での診療を受けないでいると、交通事故との因果関係を証明するのが難しくなってしまいます。また、警察に診断書の提出もしなければ、人身事故扱いしてもらえなくなり、本来受け取れる権利が使用できなくなってしまう恐れがあります。事故後数ヶ月から数年たってから受診する人も多いものです。示談後はどこからもお金はおりませんし、示談後の事故による怪我には健康保険も使えません。このため、少しでも痛みのある場合はすぐに医師に診てもらうことです。

医院によっては、法律家とも提携し、法的な面でも相談に応じてくれるところがあります。前もって電話などで相談すると良いでしょう。治療を受けるための特殊な手続きは不要で、すぐに治療を受けることができます。保険会社への連絡は、来院後でも構いません。まずは、医師に相談しましょう。治療を受ける医療機関を選ぶのは自由です。どこの医療機関にかかるかは、本人が決めることで、通院先の、医院名と電話番号を伝えれば、あとは保険会社と医院が相談します。

自身が治療を受けたい医療機関を指定すれば、保険会社は速やかに手続きを行う義務があります。頼めば、警察提出用の診断書を発行してくれます。 治療中、保険会社から、そろそろ治療を中止しませんかと、催促されることもありますが、 治療を中止する必要はありませんあくまでも保険会社側の都合なので、依然症状が残っているのなら、治療を中止する必要はありませんし、保険会社が強制的に治療を中止させることは出来ません。



→交通事故のむち打ち慰謝料最高額化完全版!レントゲンMRIにも写らないのにむち打ちで数千万円をもらえた僕の実話を書いてみました・・・

むち打ちの基礎知識

むち打ちと生活との関連

むち打ちと法との関係

むち打ちへの対策

このサイトについて

▲ページの上へ戻る