むち打ち.com

むち打ち.com HOMEむち打ちの基礎知識むち打ちと生活との関連むち打ちと法との関係むち打ちへの対策

むち打ちと生活との関連

むち打ちと認めてもらうには

むち打ちは、軽度のものからある程度重篤なものまでありますが、自覚症状だけの場合、詐称とされることが多いようです。これまでの裁判例からして、むち打ち症と判断するに当っては、・追突衝突自体の衝撃の程度、及びそれが身体に及ぼした程度。・追突衝突の様態、被害者の姿勢等。・症状発現の経過とその変遷、当初の医師の診断及び治療経過等。これらの要素を勘案してなされます。

自覚症状だけでも、むち打ち症による後遺障害の認定ができないわけではありません。一定の症状があり、これにより日常業務に影響があるときは後遺障害が認められる場合もあります。特に、症状発現の経過とその変遷、当初の医師の診断及び治療経過等は、自賠責保険の認定で重視されます。継続して治療を続けても改善しない場合、症状固定ということになります。この場合は、医師と良く相談し、後遺障害診断書を書いてもらうよう依頼することです。

医師の方から、後遺障害診断書の説明が無い場合、自分から医師と話しをしてみる必要があります。むちうち症などの場合、消極的な医師もいますが、申請をすると14級が認められる場合も結構あるようです。医師に「後遺障害診断書」を書いてもらったら、その診断書を保険会社経由で自動車保険料率算定会の調査事務所に提出して、等級の認定を受けることになります。通常は、自賠責で認定した等級に任意保険も従うことになっています。

認定された等級が自分の主張と違っている場合は、「後遺障害の認定等級に対する異議申立書」を任意保険会社経由または自賠責保険会社に提出することになります。行政書士事務所に依頼すれば、有料で手続きを行ってくれます。これまでも、認められたいくつかの例があるようです。



→交通事故のむち打ち慰謝料最高額化完全版!レントゲンMRIにも写らないのにむち打ちで数千万円をもらえた僕の実話を書いてみました・・・

むち打ちの基礎知識

むち打ちと生活との関連

むち打ちと法との関係

むち打ちへの対策

このサイトについて

▲ページの上へ戻る