むち打ち.com

むち打ち.com HOMEむち打ちの基礎知識むち打ちと生活との関連むち打ちと法との関係むち打ちへの対策

むち打ちと生活との関連

スポーツによるむち打ち

むち打ちは、交通事故や、サッカー・ラグビーなどスポーツ中の接触事故などの衝撃により、首の部分がむちがしなるように前後に連続して大きく動くために、筋肉、靱帯、椎間板、血管などが損傷するものです。むち打ちは、交通事故だけでなく、コリジョン、つまり衝突を伴うスポーツでも発症します。特にラグビーなどの激しいスポーツで生じることが多く、体操でも起こるようです。

首の前方への屈曲、後方への伸展は、頚椎及び上部胸椎のズレ、さらに、その周辺の筋肉組織の捻挫や緊張などを生じます。スポーツでむち打ちの起こる過程として、まず首に衝撃がかかり、頭部が過度に屈曲または伸展した際、防御反応として頸部の筋肉を力強く収縮させることで起こります。その結果生じるケガは、たくさんの徴候をもたらしますが、むち打ちの疑いがあれば、適切なケアをする必要があり、放っておくと競技人生に影響しかねません。

スポーツによるむち打ちは、カイロプラクティックが有効と言われます。世界でカイロプラクティック医師は、むち打ちの概念を修了し、実際にズレた頚椎を矯正できる「唯一の専門職」と言われています。カイロプラクティックにより、ズレた頚椎及び上部胸椎の矯正を行います。

カイロプラクティックは、単なる痛みなどの症状の面倒を見たり、体の見た目を良くするだけのものではないと考えられています。体のいたるところ、あらゆる意味で、ベストパフォーマンスを出すために、カイロプラクティックを受けて、いちど、姿勢を完全に正常に戻すことが大切と言う考えで治療が行われます。また、むち打ちも含めたスポーツ障害を防ぐには、適度に休むこと。スポーツ前のウォーミングアップも大切です。



→交通事故のむち打ち慰謝料最高額化完全版!レントゲンMRIにも写らないのにむち打ちで数千万円をもらえた僕の実話を書いてみました・・・

むち打ちの基礎知識

むち打ちと生活との関連

むち打ちと法との関係

むち打ちへの対策

このサイトについて

▲ページの上へ戻る