むち打ち.com

むち打ち.com HOMEむち打ちの基礎知識むち打ちと生活との関連むち打ちと法との関係むち打ちへの対策

むち打ちと生活との関連

むち打ちが増えたのはなぜ?

一般的に「交通事故にあうと、むち打ち症になってしまう」と考えられがちです。これくらい、交通事故イコールむち打ち、と言うイメージが強いものです。これは、交通事故が原因のむち打ちが非常に多く、日本の高度経済成長に伴い、車の量が急速に増えてきたのに伴い、むち打ちになる人も急増したことがあるでしょう。

むち打ちは、1928年に外国で初めて症例が発表され、日本でも既に1958年に報告があります。その後、モータリゼーションの発達に伴い、むち打ちの患者は急速に増加しました。昭和30〜40年代にマスコミが新聞等で、不治の病、難病として報告し、また賠償問題も絡むために医学会でもその対応を迫られたりして、社会問題として大きく取り上げられた時期もあります。

むち打ちは、画像所見が不明な場合が多いため、本当に痛いわけでもないのに、賠償金目当てで痛いふりをしているだけではないのか、あるいは、被害者意識が強いだけではないのか、という疑問が、保険会社や保険会社側の医師らから疑問がだされ、ついに、日本賠償医学会が設立されました。現場の医師からは多くの疑問点・反論も出されましたが、もっともな根拠も並べられたりしたことから、裁判所もマスコミも、幻惑され、一時は現代用語辞典から「むち打ち症」という言葉が消えた年もあるくらいです。

むち打ちはレントゲンなどでも発見しにくい難病とされてきましたが、最近は医師の判断によりMRI、CT等で精密検査を行うなどして、特定されることも多く、徐々に原因も解明されようとしています。症状が治療によって治ればよいのですが、概ね半年以上の治療を継続しても症状の改善が見られない場合、後遺症ということになり、後遺障害等級の認定を受ける事となります。



→交通事故のむち打ち慰謝料最高額化完全版!レントゲンMRIにも写らないのにむち打ちで数千万円をもらえた僕の実話を書いてみました・・・

むち打ちの基礎知識

むち打ちと生活との関連

むち打ちと法との関係

むち打ちへの対策

このサイトについて

▲ページの上へ戻る