むち打ち.com

むち打ち.com HOMEむち打ちの基礎知識むち打ちと生活との関連むち打ちと法との関係むち打ちへの対策

むち打ちの基礎情報

むち打ちの後遺症

交通事故や不慮の事故などで、後遺症に苦しんでいる人は結構多いようです。しかし、現在の医学では限界があり。特に、むち打ちは、完治せず、何十年も苦しんでいる人達も多いと言われます。交通事故などに遭遇した場合、病院で自覚症状のある患部が特定され次第、直ちにレントゲン検査などの適切な検査が行われますが、多くの場合は、骨に異常なし、つまり骨折していなければ、そのまま治療せずに放置して悪化させてしまう場合が多いようです。そして、時間の経過とともに頭痛、めまい、吐き気。肘や指先のしびれ感、肩や上肢全体の重だるさなどを伴うことになります。

むち打ちの後遺症が何年も続いている場合、頸椎の支障だけでなく背中から腰のだるさや痛さ、あるいは胃腸をはじめとする内臓器官に不調をきたすケースもよくみられます。これは、首を痛めたことで首を通る神経の損傷や首の痛みを生じさせているコリが神経を圧迫し、首から全身に流れる神経が歪んだり滞ったりすることが原因とされます。

むち打ちの大半を占める頸部捻挫型は、本来慢性化しない性格のものされています。このため適切な治療を受ければ、たいていは3ヶ月以内に治癒するというデータが出ています。バレリュー症状の場合、2〜3週間で症状現れることはあっても、受傷直後に無症状、ということはあり得ません。損傷が大きいほど直後に症状を発するもので、症状発現までに時間がかかればそれだけ軽症、ということになります。

むち打ち症で治療が長期化(6か月以上)した場合、治療効果が余り期待できなくなった時点で「症状固定」となります。その時点で残っている症状が「後遺症(後遺障害)」とされます。ただ、日本では、「脊椎の骨折。脱臼による脊髄症」「脊髄損傷」は、むち打ちに含めないことになっています。



→交通事故のむち打ち慰謝料最高額化完全版!レントゲンMRIにも写らないのにむち打ちで数千万円をもらえた僕の実話を書いてみました・・・

むち打ちの基礎知識

むち打ちと生活との関連

むち打ちと法との関係

むち打ちへの対策

このサイトについて

▲ページの上へ戻る