むち打ち.com

むち打ち.com HOMEむち打ちの基礎知識むち打ちと生活との関連むち打ちと法との関係むち打ちへの対策

むち打ちの基礎情報

むち打ちの原因

むち打ちは、自動車事故、特に追突による場合が多ですが、他に、労働災害、スポーツ障害や、整体やカイロプラクティックなどの不適切な施術による例もあります。衝撃により、首の部分が、むちがしなるように前後に連続して大きく動くために、筋肉、靱帯、椎間板、血管などが損傷するものとされます。衝撃を受けたときの身体と頭の動作にタイムラグが生じることが大きく関わります。

むち打ちは、交通事故の後遺症だけでなく、スポーツ障害、転落、出産、手術などの医療行為でも引き起こされます。さらに、これといった原因がみつからない慢性疲労症候群や、慢性難治性頭痛、難治性めまい、線維性筋痛症も脳脊髄液減少が関与している可能性も考えられています。

むち打ちの特徴は、単純な外傷で発症するにも関わらず、従来の頚椎の外傷の概念では説明し難い症状を引き起こし、しかも、後遺症を残す症例がある、と言う点です。また、通常のレントゲン写真では異常を認めないことも多いことから、難解な疾患と考えられてきました。最近、ある医師は、頸椎の脊髄造影の撮影方法を工夫し、むち打ち症の原因が頸椎椎間板ヘルニアの外側型によるものであることを発見した、と述べています。また、むち打ちの症状の原因のひとつに、脳脊髄液漏れという原因があることも分かってきたようです。

むち打ちの原因には、自律神経が大きく関わっていると言われます。体の働きは、自律神経を働かせる事で、刺激を受ける前の状態に戻そうとします。しかし、常に同じ刺激を受け続けていると、自律神経の働きが、体の状態を元の状態の戻す事が出来ずに、体本来の働きが衰えて、むち打ちの原因になってしまいます。普段から、体の姿勢にも気をつける必要がある、というわけです。



→交通事故のむち打ち慰謝料最高額化完全版!レントゲンMRIにも写らないのにむち打ちで数千万円をもらえた僕の実話を書いてみました・・・

むち打ちの基礎知識

むち打ちと生活との関連

むち打ちと法との関係

むち打ちへの対策

このサイトについて

▲ページの上へ戻る